【フラットシーマーの分解・整備3】キャリア・フックスリーブ交換

フラットシーマーの整備, ミシン整備

フラットシーマーから取り外した【キャリア・フックスリーブ】

「おさえ」の左右のガタの原因部品


 こんにちは、課長の井上です。

少し間が開いてしまいましたが、前回からの続きで、今回はキャリア・フックスリーブの交換について書きます。

上の写真を見ると、どちらが新品か一目瞭然ですよね。指で触ってみるとその差は明確なものがあります。こんなに消耗している部品を「この部品は大丈夫だ」と思いこんで発注していなかったなんて、私もまだまだヒヨッコです…。

この部品はブッシュに下方向から差してあるだけなので、抜くのは超簡単です。逆に、はめるのはかなり慎重さを要する作業でした。なぜなら、押さえ棒に対して、キャリア・フックリーブッシュキャリア・フックスリーブ上メスホルダブラケットを垂直にはめないと、押さえ棒が入らないとか斜めに入ってしまうことになるからです。こうなると、押さえのガタどころの話ではなくなるので、社長に教えてもらいながら、それらを組みました。結果は……、大成功! 完璧に上手く組むことができました。押さえ棒がスルリとブッシュの中を通り抜けるのに、ガタは少しもありません!!

これでようやくシーマーを組むことができるようになりました。この段階から組んでいくのは初めてなので、楽しみと、自信と、恐怖が入り乱れた心境です。

次回につづく。

<2010年8月6日>
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧