フラットシーマーの針受けについての考察

フラットシーマーの整備, ミシン整備

こんにちは。美泉の井上です。
フラットシーマーの調整といえば、ルーパーのタイミング合わせがメインになるかと思います。

そのルーパーに取り付ける針受け(前)の重要性について、みなさんもいろいろ考えているかと思いますが、最近の弊社のお気に入りがあるので紹介します。

それは…

ユニオン社製の針受けです。

もったいぶってスミマセン(笑)

こんな部品だけ見せられても、何がなんだか ?

マニアックなblogでスミマセン(笑)

なぜユニオン社製の針受けがいいかと言うと…

またまた、もったいぶってしまいました…。

いくつかあるんですが、そのうち一つ目が、硬いこと。

その他については、企業秘密とさせてください(笑)

もし、フラットシーマーの目調子合わせで行き詰まったら、ぜひユニオン社製のものを使ってみてください。

きっと「あぁ、そういうことだったのか」と気付き、納得していただけるかと思います。

令和になったので、また定期的に更新していきます!

それではまた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧