ミシンの整備に追われています。

フラットシーマーの整備, ミシン整備

ユニオンのフラットシーマーのルーパー

みなさん、こんにちは。井上です。

お盆前のせいか、毎日バタバタしています。

生産が追われているだけでなく、ミシンの整備も次から次へと出てきます。

例えば、

3点千鳥をスカラップ(スカラー)ミシンにするためにキャムを交換したり、

フラットシーマーの基本整備をしたり、

3本針の偏平縫い筒型を調整したり…、などなど。

つくづくミシンの奥深さを感じているわけですが、

フラットシーマーで言うと、ルーパーの引き量を0.25mm変えるだけで、縫い目がガラりと変わります。

0.25mmって微々たるものなのですが、縫う生地や使う糸によって大きな違いになるんです。

ミシンの整備をやっていると、悪いとこばかりに目がいってしまい、何時間もそれにハマる場合があります。

そういう時は、それに影響を及ぼしている部分を考えるのも、大事なんですよね〜。

意外と、そこに問題がある場合があります(笑)

<2011年8月9日>
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧