小ロット生産とOEM生産の受注について

フラットシーマーの縫製依頼について

最近よくこんなお問い合わせを頂きます。

「フラットシーマーを使った小ロットの生産は対応していますか?」
「OEMで〇〇を作ってくれますか?」


まず、小ロット生産についてですが、弊社は縫製工場なので、結論から言うと、1枚でも10枚でもご依頼があれば対応いたします。

しかし、それでコストを抑えることができるかと言うと、話は別になります。

コストを抑えるなら、1色300枚のSKUは欲しいところですが、お互い初めての取引、つまり初回のご依頼に限り、その条件は外してお話をすることが多いです。

弊社は伸びる生地を得意とする縫製工場で、特にフラットシーマーが得意なわけですが、もちろん伸びる生地であれば、基本は何でも縫えます。

逆に言うと、布帛の生地は苦手です。 布帛仕立ての商品は縫えますけどね!


型紙についてもよくお問い合わせいただきます。
下着のパターンは作成可能です。
パターン料金は、マスターが5,000~7,000円、グレーディングが1サイズ2,000円です。

このように弊社で型紙は作れますが、原則支給を頂いています。
理由は、弊社で作るのは時間がかかるからです。
実は、弊社は専任のパターンナーがいなくて、
社長である私と、常務が、経験をもとに作っています。

日本には、下着のパターンを教える専門学校はないと聞いています。
下着のパターンは、その企業ごとにノウハウと実績の積み重ねで作られています。
兵舎には1982年創業依頼の実績があるため、自分でいうのもなんですが、なかなか良いパターンだと思います。


次にOEM生産についてです。
弊社の立ち位置は縫製会社、縫製工場です。
そのため、生地や資材は原則的に手配していません。

つまり、縫うだけのお仕事を引き受けています。
裁断と袋入れについては、別途ご相談を承っていますが、仕上げプレスの工程もできません。

「アイロンがないの?」
ということも、よくお尋ねされますが、蒸気アイロンは1台だけあります。
これは中間工程などで必要なときに使うものです。


みなさまからのお問い合わせをお待ちしています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。